世界のスタンダードを構築したい
*
ホーム > テクニック > 勝ち負けの回数

勝ち負けの回数

外為の経験がない方が市場のポイントを探すためには、まず学習を積み上げる事が大切です。

 

とりわけ、未然にピンチを察知できるようになるようになるには、負けを積み重ねることも体験のひとつです。

 

もちろん、マイナスになるといっても命取りとなるほど決定的な負けをする事は問題外です。

 

取り戻せるほどの過ちを何度か積み重ねることが、最終的にあなたの経験値を高めてくれるはずだ。

 

この考えではまずはわずかな額で取引を行いそこで小さな負けを経験することをおすすめします。

 

例えとして、100万円だけしか投資する事が出来ない状況で、考えなしで100万円を全て投じて売り買いすると失敗した時、今後取り返せない恐れがある。

 

それならば、ひとつの例として資金の10分の1ずつ分けて注文して、ここで取引を体験した方が次第に間違いを減らす手段なども習得するはずです。

 

まずはじめに少ない額でエントリーする事のメリットは、先に言及したように、自分の経験値を高め、ミスを減らす手法を覚える事にありますがそれと同時に、売り買いの回数を増やす事で偶然性を削減できるという良い点もあります。

 

たとえば、1度の注文で勝率が50%だと考えます。

 

言い換えると、同じく50%の確率で損が生じる危険性もあるということになります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の率で利益が上げられる事を言い表しています。

 

だがしかし、全財産を賭けてただ1回の仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

 

これでは1回だけの丁半バクチと同じです。

 

要するに、全ての投資資金を投資して1回のみしか取引をしないとこの分だけ負ける危険性が高まってしまいます。

 

それだけに、資金を全て投資するのではなく、いくつかに分けて、チャンスを多くすることが危険性を減らす事になります。

 

ただしいくつかに分けたとしてもすべてにプラスにする事は必須ではありません。

 

正しく言うと、全部は勝てないのが現実です。

 

投資で大切なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのように稼ぐかです。

 

勝率が2分の1でも、仮に勝率5割以下でも利益を上げる事が出来ます。

 

それ以上負けてもその損益が小さければ、3割の勝ちの利益の大きさで十分儲けられます。

 

そのために必要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を気をつけておくことです。

 

損が出たら直ちに損切りして、それとは逆に勝てる状況ではなるべく大きくプラスにする事がFX投資初心者がFX取引でプラスになるための神髄です。

 


関連記事

勝ち負けの回数
外為の経験がない方が市場のポイントを探すためには、まず学習を積み上げる事が大切で...
テスト
テスト記事です。...